とりあえず何度か難易度を「王」にしてジリ貧で中断しているので「王子」に戻して今やってます。
王子だと今の自分はほぼほぼ楽勝で勝てるんだよな…。

で、画面の右下の数字に常に注目しつつ、暗黒時代にならないように黄金時代にできるようにプレイを進めて、だいたい今回の新機能のゲームの構造が分かってきました(と、思います)。

まあ要するに、暗黒時代にならないようにゲームを進めるのが基本だということですね。
もっとも暗黒時代/黄金時代になっても、いちおう都市の忠誠度に補正がかかるだけで生産にペナルティなりがかかるようではないようなので、都市が転覆する危険がないならそれほど過剰に恐れる必要もないのかな、とも思いましたが。
この辺はもう少し細かく調べてみる必要があるかもしれません。

※さすがに自分の都市が転覆したら、そのゲームは「失敗」としてやめてもいいと思う。

そういう意味では、結局ゲームを普通に進めるしかないのは同じですが、自分が選択した方針に沿って発展をさせる必要があるので、より「レース」に追われている感が高くなったと思います。

あと、不思議は大事。