プレイヤーの最初の行動は、資源を最適化させてなるべく多くの生産を行うことです。

 各フェイズの開始時には、資源割り当てのための一覧画面が出ます。

WS000001
 
この一覧画面では、 Lumber(材木)からMusket(マスケット銃)までの13の商品(Commodity)について、

・生産量(Output)
・余剰(Surplus) 
・制限要素(Limiting Factor) 
・労働者(Workers)

が表示されています。 
基本的にはある商品については「制限要素」を与えれば、さらにその生産を増やせます。
たとえば「Labor」とあれば、それはより多くの労働者を割り当てることで、より多くの生産を見込めます。
材木や石炭が不足しているものは、材木や石炭をより多く生産できれば、その商品も生産も増えます。
ただし当然ながらそのフェイズで使える労働者の人数は固定です。 
ある商品に労働者を配置するには、別の商品の労働者を割り当てなければなりません。その結果としてそちらの商品の生産が減ってしまい、結果としてその商品の生産ができないことは普通にあります。

このゲームは、上記の商品のそれぞれについて「労働者」の人数を割り当てることで生産量を決定します。
基本的には、「余剰」がマイナスにならないように労働力を割り当てるのが最大生産を見込む原則です。

---

まずこのゲームの基本としては、食料(Food)の生産はマイナスにしてはいけません。
これは人口が減少して国力が 減ることを意味するからです。

※実のところ、プレイヤーは明示的に「食料生産の労働者」人数の設定は行いません。
 それは「他の生産に充当しなかった労働者の人数」 で決定されます。
 従って食料がマイナスであれば、通常は他の商品に充てる労働者を減らすことになります。

重要:農工具(Farm Tool) と鋤(Iron Plow)の生産を増やすことで食料生産は増えます。

--- 

そして戦争を行うための基本である「戦力」は、刀(Sword)とマスケット銃(Musket)の生産量で決まります。

マスケット銃は当然ながら刀よりも強力ですが、生産工程はより複雑になります。 

それでは、具体的に画面を操作して生産人数を割り当てて、生産を実行してみることにしましょう。

(つづく)